SwiftUI - Stepperの使い方

1. Stepperの使い方

alt

Stepperは、画像のような+-のボタンを出力でき、インクリメント(値を増やす)・デクリメント(値を減らす)アクションができます。

インクリメント・デクリメントの範囲を指定。下記の場合は、0から100までの範囲で値を上下させる(+1または-1

import SwiftUI

struct ContentView: View {
  @State private var value = 0
  let range = 0...100
  
  var body: some View {
    Stepper("Count: \(value)",
      value: $value, in: range
    )
  }
}

インクリメント・デクリメントの値を指定。下記の場合は、+5または-5で値を上下させる

import SwiftUI

struct ContentView: View {
  @State private var value = 0
  
  func incrementStep() {
    value += 5
  }
  
  func decrementStep() {
    value -= 5
  }
  
  var body: some View {
    Stepper("Count: \(value)",
            onIncrement: {
              incrementStep()
            },
            onDecrement: {
              decrementStep()
            }
    )
  }
}

Stepper | Apple Developer Documentation