WordPress - 投稿一覧ページ・投稿ページを作成する

1. 投稿一覧ページと投稿ページ

//content.php
<?php if(have_posts()): while(have_posts()): the_post(); ?>
<a href="<?php the_permalink(); ?>">
<?php the_title(); ?>
</a>
<?php the_excerpt(); ?>
<?php endwhile; endif; ?>

<?php if(have_posts()): while(have_posts()): the_post(); ?> 〜 <?php endwhile; endif; ?>
WordPress ループ。WordPress の投稿を表示するためのコード。

<a href="<?php the_permalink(); ?>"> 〜 </a>
ループ内で処理されている投稿のパーマリンクを表示する。ループ内でのみ使用可能

<?php the_title(); ?>
投稿のタイトルを表示。ループ内でのみ使用可能

<?php the_excerpt(); ?>
投稿本文の抜粋を表示。ループ内でのみ使用可能

//single.php
<?php if(have_posts()): while(have_posts()): the_post(); ?>
<?php the_title(); ?>
<?php the_content(); ?>
<?php endwhile; endif; ?>

<?php the_content(); ?>
投稿本文を表示。ループ内でのみ使用可能

WordPress ループの条件分岐

条件に合う投稿がない場合に「投稿記事がありません」などの処理をしたい場合は下記ような条件分岐を使用します。

<?php if(have_posts()): while(have_posts()): the_post(); ?>
<!-- 投稿を出力するところ -->
<?php endwhile; else : ?>
<!-- 条件に合う投稿がない場合に出力するところ -->
<?php endif; ?>

2. 投稿本文の抜粋の文字数制限を変更する

投稿本文の抜粋を表示するとき、表示する文字に文字数制限が設定されています。(デフォルト設定で 110 文字) この文字数を変更したい場合は下記のように記述します。

//functions.php

//抜粋の文字数制限
function custom_excerpt_length($lenght) {
  return 50;
}
add_filter('excerpt_length', 'custom_excerpt_length', 999 );

return 50; -「50」の部分が表示される文字数

プラグインの「WP Multibyte Patch」の最新バージョンがインストールされ有効化されている必要があります

3. 投稿本文の抜粋の省略記号を変更する

投稿本文の抜粋を表示するとき、設定されている文字数を超えると省略記号が表示されるようになっています。デフォルト設定だと「...」と表示されますが、この表示を変更したい場合は下記のように記述します。

//functions.php

//抜粋の省略記号
function custom_excerpt_more($more) {
  return'...';
}
add_filter('excerpt_more', 'custom_excerpt_more', 999 );

return'...'; - 「...」の部分で省略記号を設定します。